« 新井薬師 | トップページ | 座!高円寺 »

2010年8月13日 (金)

ひしょひしょ

朝から西に向かう。
今日は仕事ではない。遊びだ。避暑だあ。
夢枕獏さんに誘われて、獏さんの焼き物工房へ。目の前が渓流という山奥へ行くのだ。
新幹線に乗り込み、挙動不審の動きをしていたら後ろの座席に獏さんがいた。
あっ。今回一緒に行く予定だった人が行けなくなったことを聞く。
岐阜の某所へ。駅で買出しをする。
二人なので、夕飯はアタシが作り、朝飯は獏さんが作る!と決まった。
ん~、何作ろう。。キムチ鍋を作ることに。

今回の楽しみは工房の目の前の川だ。しかしこれがまた雨で濁流になっている。とほほ。
これで川に出れば、立派な遭難者になる。この日は釣りはあきらめることに。
焼き物だ。以前取材でやったことはあったが、自分の時間のペースでやってみたかった。
最近思い立って始めた盆栽。とはいえ、どんぶりに入れる「丼栽」、おちょこに入れる「ちょこざい」(ちょこざいは獏さん命名)というものを始めたのだ。。。
それの器を作ることに。むむむっつ。。
難しい~~~、んでもって時間があっという間に過ぎてゆく。気がついたら5時間過ぎていた。
キムチ鍋を作る。
いろりでもりもり食べてゲラゲラ笑い夜がふけていった。

翌朝、水が澄んだら釣りに行くことに。

6時頃だったか。。がらっと部屋の戸が開き「行こうかぁ」。飛び起きて準備をして川へ。
水量はまだちょっと多いが、澄んでいる。条件としては最高な状態。
餌がないので、川虫を探すが雨で流れているようだ。
獏さんがどこかへ行ったと思ったら、蛾、かげろう、を捕まえてきて、「コレいいよ」。
デカイ蛾をつけて投げてみた。まるで釣りキチ三平のように蛾が飛んでポイントへ行った。
アタリがあったような気がしたが、平静を保つように心がける。次にちょんとかげろうを付けて投げてみる。
きたぁ~。手もとに魚がくるまで、時間が止まっていた。開放値の大きいレンズのように風景がぼんやりボケて魚とのやりとりだけにピントが合っているよう。興奮した。
獏さんが「うぉぉと」と言いながあタモを出した。あまごだ。尻尾が綺麗。赤い点が付いている。天然のアマゴなのだ。
うわぁ~~。もっとやればたぶんもうちょっと釣れたかもしれないが、水量が多いのと焼き物の続きと・・・やること沢山なので引き返す。
一匹で十分ということも大きい。1と0は無限大なのだぁ。
焼き物をせっせと作る。おちょこと、カップを作ってみる。
その間にキッチンから、獏さんがトントトンとネギを切る音が聞こえてきた。
釣ったアマゴを囲炉裏で焼いて食べた。

一泊二日のさいこ~の夏休みだった。また行こう。

|

« 新井薬師 | トップページ | 座!高円寺 »