« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月27日 (金)

まぐろ

昨日の打ち上げをにぎわい座の近くで終わらせその足でそのまま横須賀まで車を走らせる。
到着が23時半頃だっただろうか。
明日朝5時に集合で船を出しかつお釣りなのだ。
会の興奮でその勢いで釣ろう。
港近くの旅館のおじさんが入り口でバタッっと寝ている。なんども、あの~こんばんわぁ~ごめんください~。
周りには町の消防団の表彰状が並ぶ。立派なご主人だ。
再度入ったふりをしたり、呼び続けてみたりしたらようやく、「は、はい!」と顔を上げた。
お酒のにおいがぷんぷんで、ずぼんがずり落ちながら「さ、ぁ、こちらでございます。まぁ、上の好きな部屋に入ってくだしゃ~い」。と寝てしまった。
うっはっつ。町の消防団大丈夫か。。

部屋で落ち着いた頃に、夢枕獏さんも到着。

二言、三言、今日の出来事の話をして寝る。

朝、釣り人が集まる。釣具メーカーのダイワの皆様、編集さん、デザインさん、イラストの村上康成さん・・・我々。アタシはさておいて釣りのオーソリティだ。
村上さんは、網走湖のワカサギ以来だ。
ダイワの方が「本日はカツオなんですが、相模湾にまぐろが来ていて、外道でマグロですが、へへへ、いいですか~」と笑っている。
おお~まぐろっ。って。
持って帰るようなことがあったらどうしよう~嬉しいことなのだが。
朝のぼんやりした脳みそに、車にマグロを積んで環七を帰る妄想がぼんやりと。。

船出。
船長が「マグロだよ。今日は!」

僕が持ってきた釣りのタックルを出したら、「コレだと糸も切れるし竿も折れますねぇ」。と
ダイワさんに一式借りる。

船で釣りに出ると、魚群探知機でいるとこを探し「竿だして~、竿上げて~」となるのだが。
今回は、マグロが追う、いわしの群れに飛んでくる海鳥の群れを追いかけて釣るのだ。
なので船の先頭で「10時の方向~!!!」と叫ぶと一気に船を走らせ一気に釣りに行くのだ。釣りというようり漁だ。

海上を縦横無尽に動き回る。
獏さんが一回、マグロらしき巨大魚をかけた、ふぁいっとが続くが途中でバレしまった。
たぶんマグロだったとのことだが、いや~恐ろし引きだった。おお~。
船一同、マグロ釣れなかったので中トロ山分けの夢は消えた。
マグロは釣れなかったがシーらが釣れる。アタシ初っス。おお~~っつ。
R8890636

夕方には都内に到着。ひとり会を含め怒涛の24時間だった。

シーラを食べながらひとり打ち上げだぁあ。






|

2010年8月26日 (木)

ひとり組手

にぎわい座小ホールでの「ひとり組手」においでいただきありがとうございました。
いや~やりたかった会が出来てよかったっすっす。
演目
ネタ下ろし含め
「お菊の皿」
「天災」
「後生鰻」
近いうちにまたそろっとやらせていただきます。11月頃を予定しております。
なにとぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

|

2010年8月24日 (火)

なにとぞ、カメラのオハナシっす。

愛用のカメラGRで撮ったいくつかの写真とオハナシです。
なにとぞでございます。

http://newangle.jp/hikoichi/

是非覗いて下さいませ。

彦いち

|

2010年8月16日 (月)

怪談

赤坂レッドシアターで怪談噺っす。
白酒師、遊雀師、三三師、んでもってアタシというなんともありそうでなかった組み合わせ。
いや~面白かったす。
いや、よく考えたら、十数年前、二つ目勉強会とか早朝寄席、深夜寄席とかであったであろう組み合わせだ。きっと。こういうのは嬉しいことだ。当時は、その日のあがりを皆でジャンケンで分け合ったハズ。いや上が遊雀アニキなので下の者に多く渡していたかも。憎いぜぇ。そんなことを思い出しつつ。三三さんにはよく楽屋で相撲を持ちかけていた。アタシ死んじゃうからぁと断られてたなぁ。

白酒さんは二つ目、近所に住んでいた頃から面白いことがあると彼に話して、ゲラゲラ笑ってた。彼はハナシ聞くのが上手いのだ。いやソノ手のハナシが好きなのかも。ふと気がついたらそのままそれがネタになっていたことも多かったなぁ。
今日も出番直前までここ数日の話をしてみる。うはははつ。

いいお客様だったし、楽しい落語会になった。。はず。

赤坂レッドシアターでは落語の会は初めてだったという。
噺家が初めてこの劇場に出る!・・・・ということだった。
ふふふっつ、実はアタシ、結構前にパペットマペットさんのゲストで出てたっす。。。ということを楽屋に着いて思い出した。

|

ひとり組手

様々な落語会が開催される日々でございます。
横浜のにぎわい座さんでも独演会をやらせていただいて参りました。いやいや~ちょっと脳を揺らしてみたくなる夏です。
独演会をしばらくお休みさせていただき、下の小ホールで、「ひとり組手」と題して、これまでやってこなかった噺を中心にネタ下ろしなどなどを筋トレのごとくもりもりっとやらせていただく所存でございます。
落語会の分類としては勉強会ということになります。木戸銭2000円です。
なにとぞよろしくお願いいたします。

第一回は8月26日(木)19時 横浜にぎわい座・小ホールのげシャーレ19時開演~

/木戸2000円/問・チケット03-3372-1481落語王  03-3586-2661オフィスツゥーワン  

演目は「お菊の皿」他を予定しております。

|

2010年8月15日 (日)

座!高円寺

座高円寺で開催の文左衛門アニキとの二人会「こわくない二人」においでいただきありがとうございました。
打ち上げもこわくないまま大いに続いたとか。。

初めて文左衛門兄さんと二人会。面白かったす。楽屋でもなんだかゲラゲラ笑ったりで。

また、円朝祭りでの「いたわり」の写真をいただきましてありがとうございました。

|

2010年8月13日 (金)

ひしょひしょ

朝から西に向かう。
今日は仕事ではない。遊びだ。避暑だあ。
夢枕獏さんに誘われて、獏さんの焼き物工房へ。目の前が渓流という山奥へ行くのだ。
新幹線に乗り込み、挙動不審の動きをしていたら後ろの座席に獏さんがいた。
あっ。今回一緒に行く予定だった人が行けなくなったことを聞く。
岐阜の某所へ。駅で買出しをする。
二人なので、夕飯はアタシが作り、朝飯は獏さんが作る!と決まった。
ん~、何作ろう。。キムチ鍋を作ることに。

今回の楽しみは工房の目の前の川だ。しかしこれがまた雨で濁流になっている。とほほ。
これで川に出れば、立派な遭難者になる。この日は釣りはあきらめることに。
焼き物だ。以前取材でやったことはあったが、自分の時間のペースでやってみたかった。
最近思い立って始めた盆栽。とはいえ、どんぶりに入れる「丼栽」、おちょこに入れる「ちょこざい」(ちょこざいは獏さん命名)というものを始めたのだ。。。
それの器を作ることに。むむむっつ。。
難しい~~~、んでもって時間があっという間に過ぎてゆく。気がついたら5時間過ぎていた。
キムチ鍋を作る。
いろりでもりもり食べてゲラゲラ笑い夜がふけていった。

翌朝、水が澄んだら釣りに行くことに。

6時頃だったか。。がらっと部屋の戸が開き「行こうかぁ」。飛び起きて準備をして川へ。
水量はまだちょっと多いが、澄んでいる。条件としては最高な状態。
餌がないので、川虫を探すが雨で流れているようだ。
獏さんがどこかへ行ったと思ったら、蛾、かげろう、を捕まえてきて、「コレいいよ」。
デカイ蛾をつけて投げてみた。まるで釣りキチ三平のように蛾が飛んでポイントへ行った。
アタリがあったような気がしたが、平静を保つように心がける。次にちょんとかげろうを付けて投げてみる。
きたぁ~。手もとに魚がくるまで、時間が止まっていた。開放値の大きいレンズのように風景がぼんやりボケて魚とのやりとりだけにピントが合っているよう。興奮した。
獏さんが「うぉぉと」と言いながあタモを出した。あまごだ。尻尾が綺麗。赤い点が付いている。天然のアマゴなのだ。
うわぁ~~。もっとやればたぶんもうちょっと釣れたかもしれないが、水量が多いのと焼き物の続きと・・・やること沢山なので引き返す。
一匹で十分ということも大きい。1と0は無限大なのだぁ。
焼き物をせっせと作る。おちょこと、カップを作ってみる。
その間にキッチンから、獏さんがトントトンとネギを切る音が聞こえてきた。
釣ったアマゴを囲炉裏で焼いて食べた。

一泊二日のさいこ~の夏休みだった。また行こう。

|

2010年8月10日 (火)

新井薬師

昼間tbs小島さんのキラキラへ。
上席に小島さんが来てくれたので寄席の印象やら、寄席の脱力師匠列伝やら座布団ヒエラルキーとカタルシス!?をアレコレ喋る。あはははっつ。面白い。
神足裕司さん、本日誕生日らしい。いやいや~なんだか同席させてもらったりで。あれこれ話して大いに笑う。

夜、劇団スタジオライフの二十五周年記念で落語会が開催なのだ。
もちろん普段はお芝居の人気集団。
こちらの劇団の看板の一人でもある曽世海司さんがもりもり落語をやるのだ。数日間開催で初日とゲストということでお邪魔させていただいた。
いい~お客様でいやいや~面白かったぁ。
楽屋で話題のスマートフォンを語る。ルーター化出来ればDSやPCとか他の機器も繋げられて便利で・・・・説明したら前座さんが「あの~してみれば噺家に例えて!彦いち師匠ルータ化に付いていきまっすっす!!」と言うので、「やめてくれ、オイラの速度は遅いぞ。それにその速度が落ちるからアレコレ繋がないでぇくれぇ~」と言った。





|

鈴本演芸場・主任

おかげさまで上席主任無事務めさせていただきました。
おいでいただいた皆々さまに心より感謝いたしまっす。
全てにおいて等身大で、噺のあんなところやこんなとこの白い部分が少しづつ塗りつぶされていく、そんな感じでした。
夏が終わったような気がしてます。さぁてぇぇ秋の始まりっすっすっす。

ありがとうございました。
またまたなにとぞよろしくお願いいたします。

彦いち

そう、昨日円朝まつりにおいでの方で「夜席行きたいが割引チラシ持ってないので是非欲しい」という方がいらして、手元に無かったので、板割りの板半分に「割引チラシ扱い!彦いち」と書いて「これで入れます!!とお渡ししたら、板持参でいらしていただいて、これまた感謝でございます。木戸口で板を出してお入りになるところを出演者が見かけたようで、楽屋で「演芸場始まって初じゃねぇか!板で入るなんてぇ」「兄さん、ペーパーレスの時代に板って・・・」と文左衛門兄、白酒さんで盛り上がっていたら、遊平・かおり師匠が「板の半分が一致したら入れるってどう?」て板噺でわいわいだったとか。






|

2010年8月 9日 (月)

イタワリっ。

暑い中「圓朝まつり」においでいただき、それでもってアタシの板割りにもお付き合いいただいた皆々さま感謝、感謝でございます。
何か形のあるものが多い中、「板を割って貴方を労わります」というこの形のないモノでございます。
たぶん5、6年ぶり??にもかかわらず覚えてくださった人も多く、いやいや~圓朝まつりでの噺家冥利につきるわけでございます。
気持ちと気合でイタワラせていただきました。
おかげさまで、早い時間に完売でございました。

そのまま上野の銭湯燕湯へ行き、そんでもって、鈴本夜席主任務めさせていただきました。
圓朝まつりからのお客様も多くいらっしゃって、いやいや~日曜の夜にもかかわらず本日いっぱいのお客様でございました。
たくさんの皆様と話も出来たし、いや~心から感謝っす。とてもいい日を過ごさせていただきました。
またお会いしましょう。

ありがとうございました。

押忍

スタッフの皆々様にも感謝感謝でございます。

彦いち

|

2010年8月 7日 (土)

圓朝まつり

谷中全生庵にて毎年開催の、落語協会「圓朝まつり」。
芸人さんの屋台が並ぶ、祭りでございます。
今年はアタシも参加しまっす。
そう、数年ぶりに「イタワリのオトコ」でございます。
お客様の嫌なことを書いた板を割りまくります。んでもってお客様を労わる・・・いたわり・・!
ばんざ~い。

お待ちしてまっす。
板割りまくって、上野鈴本夜の部主任でございます。
いずれもぉ!
よろしくお願いいたします。

|

2010年8月 2日 (月)

鈴本演芸場夜の部・主任

鈴本演芸場上席8月1日~10日(2、10日休演)夜の部の主任でございます。
無事初日でございました。
日曜日の夜にもかかわらず賑やかないいお客様でした。
是非ふらりとお遊びにおいで下さいませ。
昨日のお客様も一度ならず二度三度とお越し下さいませ~。
初日は、夏ということで、「青菜」でした。
植木屋さん、暑さ大爆発!っす。

夜席出演者、一朝師匠、三三師匠、白酒師匠、文左衛門師匠と油断ならない豪華ラインアップです。

寄席にてお待ちしております。

彦いち

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »