« アオギス | トップページ | 野田さん、獏さん、 »

2010年3月23日 (火)

東京人

雑誌「東京人」のコーナーで三人ほどで愉快に飲むというコーナーがあるらしい。
今回、。喬太郎師が請け負うことになって、声かけていただき落語協会の同期で飲もうということになった。扇辰師とアタシの三人。
まぁ正確にはアタシはちょっと下なのだが。
年も5,6歳違うのでずっと兄さん!と甘えて付き合ってもらっている。ということは入門はあまり違わないのだが、これまでもいっぱいいっぱいご馳走になっていることにあらためて気づき、すんません。。。
三人だけで飲むということはまずない。
いやいや~こんな長時間飲むことになろうとは・・・。どこからどこまでが取材で記事になるのかわからない。気がついたらそのまま飲んでいるスタッフさんや帰ってしまった編集さんも。
大いに喋った、喋った。タクシーの中で扇辰兄の膝枕で帰ったことだけはかすかに覚えているのだが。。。
学生とかの同期会とかとは違うので、定期的に宴会するわけではないし、わざわざ時間作って三人で宴席設けるのもちょっと違う不思議な関係なのだ。
次いつ三人で酒が飲めるのかと思うと・・・もうそんなことないかも、泣けてくるぜぇぇ~とアタシが言っていたと二日後に聞いた。実はよく会うのだが。はい。

|

« アオギス | トップページ | 野田さん、獏さん、 »