« 繁昌亭 | トップページ | 麻布ひこひこ噺 »

2010年1月11日 (月)

鏡開き

11日は鏡開きっす。
せっせと、大阪戻りで師匠のウチへ。
弟弟子達がすでに正月のお餅を開いてずらっと餅がならんでいる。

おかみさんが、ぜんざいを出してくれた。

いやいや~これでは、弟子っぽくないので何か手伝わねばとと思いつつ、ぜんざいを食べたら甘すぎず美味しすぎてしばし雑談。いやいや~ただの遊びにきたおじさんみたいになった。
しかし美味しかった。

夜は、初席も終わったことで、弟弟子との新年会と相成った。
名言で、師匠は選べても兄弟子は選べない!という間柄の落語界の兄弟弟子。
ウチはなぜか、ボケ一門として芸の派閥も芸談も特に無いのだ。
ひたすら皆でゲラゲラ笑って本日終了。罪がない。よかった、よかった。

|

« 繁昌亭 | トップページ | 麻布ひこひこ噺 »