« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

南米、ギアナ高地に行きます。もろもろ。。

今日から南米へ旅立ちます。

トロント~カラカスへ飛んで、そこからオリノコ川を数日間船で揺れながら泊まりつつのぼります。んで、失われた大地ギアナ高地へのぼります。本能と好奇心おもむくままの旅です。
おまけに黄熱病の予防接種の10人に1人という副作用で先日高熱にうなされました。いやいや~引き当てます。
戻りまた報告させていただきます。

メンバーは作家の夢枕獏さん、写真家佐藤秀明さん、ディレクター大谷映芳さん(ニュースステーションとかで辺境を撮りつづけていた人)、イラストの寺田克也さん、女優の藤谷文子さん、んでもってアタシっす。

それに伴い、一部の情報誌に上席末広亭と記してございますが。。かけもちは無理なようでございますので、休演させていただきました。
三木助追善という大切な会で声かけていただき感謝しておりますが、旅予定が先だったもので早い段階で休ませていただくお話させていただきました。そのまま記載されており失礼いたしました。二月SWA公演も出られずで申し訳ございません。

来月スケジュールは、戻りましたら、21日に鹿児島で鶴瓶師との二人会が待っております。気合を入れます。
下席は、末広亭出演させていただきます。

あと2月2日にテレビ朝日深夜「落語者」登場予定です。他wowowの落語企画で栃木出身のごめんねぇ~という漫才師が弟子入りに来るというものも南米の間も進行中でっす。

二月の動きは南米と、鶴瓶師匠、末広亭でっす。どんな噺家なんだ。。
よろしくお願いいたします。

でっかい高座、ギアナ高地に正座しちゃいますっすっす。

押忍

彦いち


|

2010年1月24日 (日)

麻布ひこひこ噺

麻布のお寺で開催の落語会「ひこひこ噺」においでいただきありがとうございました。
お寺の住職、麻布の皆様、スタッフ、お客様のおかげで無事終演でございました。

慣れない早い段階でのチケット完売ということでご迷惑をかけまして失礼しました。

暖かくなる前あたりに第二回を計画中でございます。
なにとぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

彦いち



|

2010年1月11日 (月)

鏡開き

11日は鏡開きっす。
せっせと、大阪戻りで師匠のウチへ。
弟弟子達がすでに正月のお餅を開いてずらっと餅がならんでいる。

おかみさんが、ぜんざいを出してくれた。

いやいや~これでは、弟子っぽくないので何か手伝わねばとと思いつつ、ぜんざいを食べたら甘すぎず美味しすぎてしばし雑談。いやいや~ただの遊びにきたおじさんみたいになった。
しかし美味しかった。

夜は、初席も終わったことで、弟弟子との新年会と相成った。
名言で、師匠は選べても兄弟子は選べない!という間柄の落語界の兄弟弟子。
ウチはなぜか、ボケ一門として芸の派閥も芸談も特に無いのだ。
ひたすら皆でゲラゲラ笑って本日終了。罪がない。よかった、よかった。

|

2010年1月10日 (日)

繁昌亭

三軒茶屋のパブリックシアターでの江戸家猫八襲名披露興行に伺う。
暖かな、いい~~お客様。祝!!三本締めっす!
本来、終演までいるべきところ、先に失礼して大阪へ。。。

大阪繁昌亭っ。18時半開演に間に合うのかかか。
17時50分頃新大阪着。
寝て起きたら、窓の外のが雪景色でずいぶん積もっている。一瞬東北新幹線と間違えたのかと思った。
どうやら名古屋と京都の間のどこかだったようだ。

かい枝さんとの二人会。いやいや~またまた面白かったぁぁ。
書初めスライドショー!を含め二時間たっぷり。またまたやりたいっすっす。

終演後大いに打ち上げる。ばんざ~い。
新春10日のうちに大阪の定席でかい枝さんと二人会なんてこれまた嬉しいっす。
押忍

|

2010年1月 8日 (金)

センパツ!

本日19時すぎに文化放送「センパツ!」に出演でございます。
是非ッツ。

|

2010年1月 6日 (水)

ビバリーにぎわい座

ビバリー昼ズにこれまで、途中乱入というか、告知や思わず立ち寄った勢いで出させていただいたことは多々あれどゲストで出させていただくのは三回目っす。本日昇太アニのコーナーで出演っす。新春一発目ということでありがたいす。
いやいや~25分間、曲カットで喋りっぱなしで。いやいや~。ははは。
こんなこと喋ろうという段取りの雰囲気は全くなく昇太アニがどんどん喋ってくるのが面白い。そこへ高田センセーがマシンガンのごとく打ちまくる。乾さんも面白い。
こっちもどんどん答え喋ってゆく。
面白かったでっす。センセー始めスタッフの皆様ありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

夕方、にぎわい座へ。大入りで、まぁ新春寄席のようでもあるし、新作落語みたいでもあるし、SWAのようでもあるし・・・楽屋で頭を寄せ合って眉間に皺をよせ、今日のネタの傾向と対策は・・・・と話すわけでもなく正月のドタバタを好き勝手に喋りまくる。紅白の再現、格闘技の再現・・・模様を忠実に行っていたら開演時間になる。

終演後、都内に戻り打ち上げ。四人だけで飲むのは久しぶり。昨年の名古屋SWAでも新幹線でとんぼがえりだったりだった。
久しぶりだったせいか、新年バタバタがちょっと落ち着いたせいなのか、街の正月がそうさせるのか、もう一杯ということになった。年長の師匠の知っているところでいいすよ!と我々。昇太アニも知っている静かなバーにはこの連中を連れていくわけにもいかなかったらしく呆然としている。。。そこで寒かったこともあり、目の前のカラオケボックスに入った。
カラオケボックスなんていうのも皆久しぶりらしい。
アタシも去年、かい枝くんと長渕剛カラオケやった以来だ。
歌わないで、まぁ大声で喋ってもいいし、一杯飲んで・・・ということで入ったのが、大熱唱歌大会となった。これが止まらない。皆で盛り上がろうぜぇ~と歌うわけでない。それぞれが好きに歌いまくるのみ。立ち上がり、踊り、ゲラゲラ笑い、時に涙を流し。。。学生なら朝まで~となるだろうが、皆おっさんだし、翌日もあるので、それでも三時頃だっただろうか・・帰る。
脱ぎかけの右の靴下を左足で踏んで倒れるという漫画のような状態もありつつ一日が終わった。

|

2010年1月 4日 (月)

ビバリー昼ズ

6日12時~ニッポン放送の高田文夫センセーの「ジオビバリー昼ズ」出演でっす。
是非です。押忍

|

2010年1月 3日 (日)

極楽亭~プーク

恒例のnhk第一放送「渋谷極楽亭・新春スペシャル」。
nhkのスタジオパークから二時間半生放送っす。
落語やったり、なんと驚くことに歌ったりと。その代わりというわけでは全くもってないのだが、一緒にやってる森口博子さんが、芝浜をやったのだった。
うははっつ。アドリブ炸裂っつ。でんでもって当たり前だが声が抜群にいいので、おかみさんの艶っぽいこと。いやいや夢になってもいいかもだ。はい。

景品で使った張子の虎をいただき、そのままプーク人形劇場へ。
新作落語大会と、こちらも例年通り。
大入りで盛り上がる。前座の頃創った「横隔膜万歳」という不思議な噺を思い出してやってみた。
最後にあがった、今日一日ずっと一緒の喬太郎師がアタシの以前創った噺をこんなんこと、あんなんことと話していた。嬉しいことだ。たぶんずっと見ているからなんでもアタシが知らないことを覚えていたりと面白いぜぇぇ。

|

2010年1月 2日 (土)

初席

おおっつ。初席と入力したら初咳と出た。噺家としていかがなものか。
浅草行って、本日は国立演芸場「国立名人会」だ。いやいや~アタシなんか出ていいのだろうか。国立は雰囲気あってよいっつ。
お獅子で始まって、んでもってアタシがそろっと出る。襟を正した感じのお客さまで初春の緊張感が伝わる。
そこいくと、浅草はざっくばらん。これはこれで好きなのだ。まぁよく客席から話しかける。

今日などは、初席で時間がないので、サゲで、「先日驚くこんなことが・・・」と漫談で終わるつもりが、一番の前の方が笑いながら「うっそだよぉ~」。
アタシ「ほんとだってばぁ!」とさけびながら下りてきた。
いやいや~いろんなお客さんだ。いや、そういうときには、ここはひとつ、ご存知の西の大木こだま・ひびき師匠のお言葉をお借りして「うそやがなぁ~」と言って下りた方がよかったのか。。。でも本当だったんっす、そのハナシ。はい。

移動中、車の中で「ラジなん」を聴こうとラジオをつけると、自分の落語が聞こえてきた。去年収録した落語だ。うは~弱る、弱る・・・ありがたいやら恥ずかしいやら。。。。
永さんと久米さんの対談はとても面白かった。

|

2010年1月 1日 (金)

迎春!!

新年あけましておめでとうございます。
年に一度新たな気持ちになるのっていいっす。かなりいいっす。
ないとだらだらしそうです。

本年も、好奇心の向かうとこ大事にしつつ、大いにやってまいります。
変わらず、お付き合い下さいませ。なにとぞです。

押忍

彦いち

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »